ミニ四駆の売上台数ランキング!1位の販売台数は?

第二次ミニ四駆ブームからミニ四駆の売上は爆発的に増加し、自動車タイプの模型は他の追従を許さぬ人気を誇りました。

一時ブームは去っていたものの、ミニ四駆生誕30周年を記念したエアロアバンテの登場などにより再びブームが起こって以来衰え知らずの人気を見せています。

中には同じ車種を買う方もいたと思いますが、今まで登場したミニ四駆の中で一番売れて台数も出てる車種が気になります!

スポンサーリンク

 

売上ランキング!

 

 

ミニ四駆で一番売り上げが伸びたのはやはりフルカウルミニ四駆時代。

台数的にはミニ四駆PROも人気ですがまだまだフルカウルミニ四駆に追いついていない状態です。

2012年の時点で420車種、1億7000万台の登場と破格の売上を見せています。

2015年現在ではミニ四駆ブームも再燃していますし1億8000~9000万台近くの売上になっているかもしれませんね!

 

スーパー1シャーシ時代の根強い人気を誇ったミニ四駆ランキングをご覧下さい^^

 

 

 

5位ビークスパイダー

 

 

沖田カイの持ちマシンビークスパイダーが堂々の5位。

スピンアックスと似ていますがダークなイメージとスタイリッシュなデザインが受けて爆発的に売れたマシンです。

レッツ&ゴーの設定でも切れ味鋭い刃を持ち面白かったですね!

 

 

 

第4位サイクロンマグナム

 

豪の持ちマシンマグナム特有の鮮やかな青とホワイトカラーが綺麗な少し長めなボディが特徴なマシン。

こちらはスーパーTZシャーシと徐々にシャーシの技術も向上している最中の登場マシンでした!

 

 

 

第3位ネオトライダガーZMC

スポンサーリンク

 

こちらはスーパー1シャーシの鷹羽リョウの持ちマシン。

レッツ&ゴーの中でも正攻法で勝つレベルの高いリョウは時に豪や烈よりも大人な改造で圧倒的な強さを見せましたが、漫画の中でトライダガーXをレイスティンガーに破壊され鉄心先生にNEWトライダガーを作ってもらったのがこのZMCですね!

トライダガーよりもスタイリッシュになり炎の赤のブラックのデザインが最高にカッコイイ1台でした!

 

 

 

第2位ビクトリーマグナム

 

スーパー1シャーシのビクトリーマグナムが2位にランクイン!

さすが豪のマシンは人気あります!

ビクトリーで勝利と縁起の良い車種名と当時近未来的な風貌のこのマシンも爆発的に売れましたね。

タイヤのグリーンカラーとも良く色合いがマッチしていてとても綺麗です。

 

 

 

第1位アバンテJr

 

 

堂々1位はやっぱりアバンテでした!

アバンテと言ってもタイプ2シャーシのアバンテJrですがレッツ&ゴーシリーズを差し置いての1位ですからミニ四駆が登場してから根強いファンが多いマシンなんですね。

エアロアバンテの登場も第三次ブームを巻き起こしたしアバンテの魅力は偉大です。

 

 

売上台数についてですが公表されていないので憶測でしかないのですが420車種の登場、そして1億7000万台中の1位ですから1000万台は売れているかもしれないですね。

1億2000万人の日本の人口で12人に1人くらいアバンテを持ってたと思うと本当に愛されたマシンだなと思います(^O^)

 

今後もしっかり作りこまれたアバンテの登場を楽しみにしています!

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ