ミニ四ファイターVのあらすじや登場人物紹介

けっこう昔の漫画『ミニ四ファイターV(ブイ)』の紹介をします(^O^)

この漫画はやはりコロコロで連載された青木たかおさんの作品ですね!

魔神英雄伝ワタル外伝や爆転シュートベイブレードなどの作品などがありますが今回は実際のミニ四ファイターを題材にしたミニ四駆では珍しい大人を主人公とした漫画のあらすじ紹介をします!

スポンサーリンク

 

主な登場人物

 

 

この漫画が面白いのがほとんどの登場人物が実在する人間をモデルにしている所です^^

 

 

初代ミニ四ファイター

 

二代目よりも小柄で髪の毛がツンツンに逆立っています。もちろん実際のミニ四ファイターの髪型をモデルにしています。

特技は90秒でミニ四駆組立て!・・・と言いたい所ですが漫画の中で一度も成功した事はない(笑)

基本的には10分くらいで作れるらしい(けっこう速いネ)。ただ初代ファイターが作ったミニ四駆は壁に当たるとバラバラに砕け散るのでツッコミどころ満載。

2巻にて早くも二代目にバトンタッチしますが理由は世界中にミニ四駆の素晴らしさを広める為だそう。

 

 

二代目ミニ四ファイター

 

 

 

初代とは違って髪型はもさもさで立ち気味。2巻からの登場なので基本的にはコチラの二代目が主人公と呼ばれています。

レースが中止になり子供達の悲しそうな姿を見るやいなや、オモシロアクションで楽しませた事がキッカケで選ばれました。

牛丼が好き。ファイターマグナムは彼の持ちマシン。

 

 

 

メカニックマン

 

もちろんメカニックマンも実際の人物がモデル。マニアックな改造やパーツの紹介、サーキットの紹介などを担当しました。

子供たちと改造を真剣に張り合うシーンもあり大人げない一面も。中年的な体型をしているのでメカ肉マンとも呼ばれていた。

スポンサーリンク

 

 

 

ミニ四ドクター

 

登場頻度は少ないが適切なメンテナンス方法を紹介するので信頼されている。

 

 

 

ミニ四キッド

 

ミニ四ファイターに憧れている少年で、周囲の子供達のなかでは目立った子供だけど特に際立った改造や特技があるわけではない。

むしろメンテを怠ったあげくレースをリタイヤし、風邪を引くシーンもあるので一般的な少年を描いた形。

 

 

 

キッド以外は実在の人物をモデルにキャラ作りされています。

 

 

 

 

あらすじ

 

 

第二次ミニ四駆ブーム中に活躍した実在の人気人物『ミニ四ファイター』を主人公にしたミニ四駆漫画。このジャンルでは大人が主人公の漫画は珍しかった。

 

基本、単発ゲストとなる子供相手にファイターがミニ四駆の楽しさや改造テクをテーマに展開した内容で、リアリティーを追求した作品になっています。

 

 

ただマニアックな改造の描写はファイターはあまりなく、基本的な組立て方や大会での心構えなどを解説する感じ。初心者が漫画でミニ四駆を勉強するには良い作品かもしれない。

マニアックな改造やメンテはメカニックマンやミニ四ドクターが登場してくると思います。

 

 

ストーリー性が意外に強く、親密感の沸く内容は読めばミニ四駆を始めたくなること間違いなし!・・のようです。

 

 

コロコロで1995~1999年にかけて連載され単行本は全8巻登場しています。

 

 

 

これからミニ四駆を始めようかな?と考えている方は手始めにこの漫画を読めばミニ四駆の歴史と同時に初歩的な知識から身につけられるのでオススメですね(^O^)

子供とファイターの暖かい触れ合いが魅力の作品です!

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ