ゴールドターミナルの効果や磨き方・注意点

ミニ四駆にゴールドターミナルは必須でしょ!!

と思ってるそこのアナタ。意外と知られていない事実があるんですよ(;゚Д゚)

今回はしっかりとゴールドターミナルの効果やメンテの方法をご紹介しますね!

スポンサーリンク

 

実はノーマルの方が伝導率が良い!?

 

 

実はスーパーX、VS、MSシャーシ用のノーマルターミナルの材質は『銅』でできていて、新品(に近い状態)であれば金メッキを施したゴールドターミナルより電気を通しやすいんです!

 

なぜ上記のシャーシ限定で説明しているかと言うと、これらに付属されているターミナルはスイッチとモーター部のどちらも銅でできている為メンテナンス(磨き)をコマメにできる人ならゴールドターミナルも電気の通りが良いミニ四駆が作れます!

 

 

逆にゴールドターミナル使用をオススメするのがゼロシャーシやTZ、TZ-X、S-FMシャーシ

 

これらに付属されているノーマルターミナルはスイッチ部が銅でモーター部が真鍮になっている為、真鍮部分は磨いても磨いても銅や金より電気を通しにくいんですね。

 

これならノーマルを使用する意味はなくなってしまいますので素直にゴールドターミナルを使用するのがいいです。

 

 

僕も最初は『ゴールドターミナル』って言うなんだか電気の通りが良さそうな響きに惹かれて、ノーマルよりも電気の通りは良いものだと勝手に思い込んでいましたのでビックリしました(´д`)

 

けどゴールドの方はメッキしてあるだけあってメンテする必要が少ないのが利点。そこは間違いないのでめんどい人はゴールドでいいと思います(^O^)

スポンサーリンク

 

 

 

ノーマルターミナルは錆びやすい!

 

 

材質が銅というのは10円玉を想像して頂ければ分かりやすいと思いますが錆びやすいです。

使い込めば使い込むほど段々と黒ずみを増して電気伝導率も落ちていくことになります。

タミヤさんはそーいう部分を考慮して長期的にメンテの手間が省ける金メッキを施したターミナルを造ったんですね(多分)。

 

 

ノーマルターミナルの方がゴールドよりも電気の通りは良いのは分かりましたがサビてしまっては意味がないです。伝導率もグングン落ちちゃうことでしょう。

 

そんな時は『ターミナル磨き』で対応しましょう!

 

 

 

ターミナル磨き・注意点

 

 

基本的には電池に触れる部分が磨ければOKなのですが布にコンパウンド(研磨剤)を少し付けて接触する部分をシュッシュシュッシュ磨き上げます。

 

磨いた後は油分が付着しているので洗剤などでキレイにしましょう。

 

しっかり乾燥させて完了です!

 

銅でできてるノーマルターミナルはこまめにメンテできる方向けのテクニックです。コンパウンドなんかも一度だけ使用して使わなくなっちゃう事だってあるでしょう。

 

基本的に面倒みてあげられない人は素直にゴールド使っときましょう^^

 

 

それから1つ注意点が!

 

タミヤの規則(レギュレーションによると)ターミナルの加工は禁止されています。

 

このターミナル磨きも加工とみなされる可能性がありますのでジャパンカップなどの大会に出場する時は事前車検を通して確認しましょう。

 

通らなかったときの為にゴールドを持って行っておくといいと思います!

 
どうでしょう?ノーマルターミナルの真実、意外と知らなかったのではないでしょうか^^

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ